青の碧

明日も好きかどうかは約束できない

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーン

面白そうなことをやっているなというか、短くだけどはてなブログを始めた当初のことをいつか思い出すきっかけになればいいなと思い書いています。だから備忘録的なね、サクッといきますね。笑

 

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第1弾「はてなブロガーに5つの質問」


1. はてなブログを始めたきっかけは何ですか?

別サイトのお友達がはてなブログを始めると聞き、その別サイトの方でコメントしたら「みやこさんも始めてくださいよ!」と言われたので始めました。笑 信じられないくらい人任せというか調子こきというか!やっぱり人に言われるとニヤニヤしちゃうよね、当時はそんなにここの更新頻度を上げる気はなかったんだけど、結果的に自分の日記みたいになっていてこれは別サイトの方のブログではできなかったかなーと思うのでなんだかんだよかったですね。


2.ブログ名の由来を教えて!

伊野尾くんが好きということぐらいしか私には持ってたものがなかったので(笑)、とりあえず伊野尾くんのメンバーカラーの青より。「青の碧」というのは、伊野尾くんってたくさんの面をもってて私はそこが大好きで、でもやっぱり伊野尾くんって人はどこか芯があってひとつ定まったものを自分の中に持ってる人だなあ、尊敬するなあと思い、このタイトルをつけました。要するに「あお」は「あお」でも色々あるよねってこと!笑 正直なんというかセンチメンタルっぽいというか、なんか青いというか…。笑 今思うと何か歌詞とか文章とかから取ればよかったかなーって思わなくもない。


3.自分のブログで一番オススメの記事

伊野尾くんが好き。 - 青の碧

君の好きなとこ。 - 青の碧

正直ないんですけど(笑)、強いてあげるならこのへんかなあ!我ながら伊野尾くんや神山くんのこと大好きだなあって思います。特に神山くんの方の記事はほんと好きになって1ヶ月とかそこらの時に書いてるので、なんかあの頃の無条件で四六時中大好きだった感覚を思い出せて、自分でも「あーこいつ、神ちゃんのこと大好きだな(笑)」って思うくらいには好き好きビーム出てるのでそこはいい感じかなーって思います。笑( 雑かよ)伊野尾くんに対する思いとかね、やっと少しだけ年季も入ってきて、それでもやっぱり大好きだよって切実な感じをすごく思い出せて好きです、当時の感情を思い出せる記事は自分でも時々読み返したりします。


4.はてなブログを書いていて良かったこと・気づいたこと

文章の短さを気にしないでいいところとか、人に見られるってことを気にしないでいいところ(これは私だからだとは思いますが)とか、自分の考えや思いを特に加工もなくそのままぽんっと出せることかな。私の使い方がそうってだけかも知れませんけど。笑 少しだけではありますが、はてなブログを始めてから言葉選びに悩むようになったこともよかったかなって思いますね。そのうちレポとかも書いて本格的に自分の書きたいことをそのまま書きつつも記憶の倉庫みたいにできればいいなあって思います。みんな好きなことを書いてるから、人の目を気にしないでいいのはとても気が楽という感覚もありますねー。

 

5.はてなブログに一言
秀逸なブログがたくさん連なっていてとても楽しい場所だなあと思います!はてなブログって面白くないと書けないよなあって思ってたけど、別にそんなこときにしなくっていいし(笑)、今となってはここがいちばん居心地がいいです。心情吐露とか思ったこと、気づいたことを書き連ねていくのにとても役立っているのでこれからもよろしくお願いします!

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーン! いままでも、これからも、あなたの毎日を書き残そう - はてなブログ

あなたという存在

11月2日放送の少年倶楽部に、神山くんが出演していなかった。私はそのことをまったく知らなくて、(最近はジャニーズWEST出演部分しか少クラを見ないのだけれど)帰宅してすぐに神山くん見たさに少クラの録画を追っかけ再生していたとき、唐突に少クラに神山くんがいないことに気づいた。

何が言いたいかというと、すごくすごくしんどかったということ。神山くんがいないことに気づいたとき、サーっと血が下がる感覚がした。持っていたリモコンが落ちた。困惑とともに寂しさとか悲しさとかそういうのがごっちゃになった感情が急にせり上がってきて、みるみるうちに目に涙が溜まった。普通に泣いているという感覚もなく泣いていた。なんでいないの、とか考えるまでにすでに泣いていた。淳太くんが、「神ちゃん大阪で舞台やから(ニュアンス)」って言った瞬間になんとなくほっとした。淳太くんがそう言ってくれるまでVBBのことには思い至らなかった。そんな自分が少し悔しくもあり、VBBに関してそんなに忘れよう忘れようとしている自分に驚きもした。(デリケートなとこなの)

神山くんが本来いるべきところにいないというのが個人的にいちばん堪えた。例えば冒頭のかみしげパートにしげちゃんの歌声しか聞こえなかったことや、濵ちゃんがひとりでアクロバットをしていたこと。すごくすごく神山くんが恋しくなった。神山くんがVBBという別のフィールドで頑張っているのはわかっているけど、わかっているけど、でもいつも目で追いかけているその対象がいないとなるとどうしても寂しかったしどこ見ていいかわからなかった。誰に注目してたらいいかわからなくて。でも神山くんが楽しく頑張ってるのは知ってるよ!!!!だけど!!!!だけどただ単に悲しくて寂しかっただけなんだよ!!!!うえーん!!!!神山くんがもしも万が一億が一このグループからいなくなったらどうしようと嫌な想像してまた泣いちゃったよ!!!!

なんというか、やっぱり私には現時点では神山くんがいなきゃダメだなーって思いました。少しだけ離れようかなあと思っていたけどなんか離れられるのかな、これは。神山くん好きだよーーーーいなくならないでよーーー!(号泣)

しげちゃんがいない少クラを見る重岡担さんっていつもこうなのかな…しんどいなあ…なんかそういうことじゃないのかなあ…私はやっぱり神山くんがそこにいてくれないとダメダメだったよ…

神ちゃんは多分きっとPPAPをやりたい感じだったと思うんだよ!!淳太くんは、(б∀б)「神ちゃん戻ってきて~(涙)」と言っていたけど正直神ちゃんはPPAPにはノリノリなのでみんなを抑える役目にはまわれないとおもいました!!!(日記)

神山くん早く戻ってきてよー!!!!テレビ越しでいいからあなたに会いたい!!!!

弾き語りから重い想い

下書きたくさんあるのに、はてブのアプリ消してたのに、やっぱりどうにもできなかったんです。どうしたってしんどいんです。

私は基本的にラジオをリアタイでは聞かないタイプ(起きてたら聞くこともあるけど)だから、いつも翌朝起きてから聞くんだけど、今日という今日は話が違いました…はー…。なーーーんにも知らないで聞いたらしげちゃんが「今年〜4月17日に…」とか言うからその言葉言ったのが聞こえた瞬間ラジオ消したもんね。アプリ切ったもんね。動揺しすぎたもんね。4月17日のもぎ関といえば私の運命のラジオというか、私の命運を決めたラジオだから。人一倍そこに敏感だと思ってて、いや、神山くんが好きな方はみんな動揺してるんだろうけど!でも私は神山くんの声堕ちと言っても過言じゃないから、こんなに素晴らしくて胸の苦しい企画なかなか聞けなかったよ…そして聞き終わった今も全然落ち着かないよ…なんならボロボロ泣いてるよ…

午前7時頃から葛藤し始めて、3時間経ってやっと聞けました。アホかい。

神山くんが大好きだって、また思いました。正直すこしだけ、ほんのすこしだけ、離れかけてたというか、マンネリ化してたんです。でもやっぱりなんだかんだ今の私には神山くんがいてくれなきゃダメだし、しんどいときにはいつも思い出すし、もっともっと優しくならなきゃ、神ちゃんみたいになるんだって思ってるし、だから何ってわけでもないけどもう最終的に神山くんが好きなの。手を伸ばしたらそこに神山くんがいてほしい。掴めなくっていいから、お願いだからそこにいてほしい。神山くんに対して、彼が消えてしまいそうな錯覚はないけれど、消えないようにといつも願う。神山くんが好きで好きでたまらない今がすごくすごく大事だよ。

やっぱり聞かなければよかったかもしれない。ほんとは会いたい。いつか、じゃなくて、今。

会いに行くから待っててね、お願いだからね、会いに来なかったら怒ってね、神山くんだいすき。

 

 

……。

重たいわー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

1日前の自分重たすぎて我ながら引く。引きまくったわ!!!!キモ!!!!だけどまあでもホントに言葉にならない奥底で神山くんがだいすきなのは一晩経っても変わらなかったので気持ちわるいけど上げときます!!!!またね!!!!

「なにわ侍 ハローTOKYO!!」

(※発売してからだいぶ経ってますが、一応少しだけネタバレを含むのでお気をつけください)

 

見る前、すごくすごく構えてたんだけど、そんなに構える必要なかったのかなーって見終わった今は思っています。ひたすらに、「嬉しい」とか「ありがとう」とか「おめでとう」とか、そういう気持ちが溢れてる舞台であったんだろうなあと。

もちろん、しんどいところはしんどかったです。ていうか序盤はずーっとしんどかった。笑 神山くんがオーディションに落ちて、苦しそうに笑いながら重岡くんにブレスレットを渡していた時から六場、七場くらいまでは基本涙目で見てた。なんていうのか、神山くんがいないジャニーズWESTはこうなのかと、それを見る気持ちはこんな風なのかと、少しだけ断片掴むことができたかもしれない。「神山くんがいない」って事実は、こんなに苦しいんだなってやっと知りました。それは流星くんにも濵ちゃんにも言えることだけど、でもごめんね、私は何より神山くんがいないことがつらかった。2人がいないってことも相当つらかったけど、誰より大好きな、いちばん大好きな人がいないことって、こうもつらかったのかと。

私には神山くんのJr.時代のこととか、カウコンでデビュー発表があった時どうだったとか、その直後彼の顔を見たときどうだったとか、正式な7人でのデビュー発表がどうだったとか、本当にわからないけど、でも、それでもデビューできて本当に本当に嬉しかったことだけはわかる。神山くんがいる、神山くんがいる!!って、それだけが嬉しかったのかなあって。神山くん自身も、きっと本当に、純に嬉しかったのかなあって。ええじゃないかを歌う時の始めのあの純な笑顔は、良い意味でいまではもう見れないものかなあと思いました。それが少し寂しくもあり嬉しくもあり。

あのねー、かみしげの場面はホント泣いたよ。笑 それまでもずーっとこらえて見てたけど、淳太くんがいて、照史くんが歌うその最中ですれ違うかみしげを見てるとき、ぽろっと一滴決壊してしまって。抱えてた膝をこれでもかってくらい抱きしめて、かみしげの五場に挑んだけど、つらそうに笑う神山くんを見てたらそんな努力の甲斐なくボロボロ〜って涙が出ました。笑 泣かないで、泣かないでって思ってたけど、そんなにしんどそうに笑うのならいっそ泣いてくれって思った。役なのに役じゃないみたいで。神山くん、しんどかったね、つらかったねって背中をさすってあげたかった。新規がエラそーになんだと思われてもいいからあの時の神山くんに寄り添いたかった。「努力が報われへん人間なんや」って言葉を真っ向から否定したかった。そんなことない、そんなことないよって。神山くんもしかして本当に泣いてたんじゃないのかなって思ったらまたボロボロ涙が出て…って自担の話ばっかですけど、重岡くんもちゃんと見てましたよ!笑 「隣に神山がいなきゃ」と神山くんに向き合う重岡くんは本当にかっこよくて、神山くんと種類は違えど重岡くんも苦しかったのかな、つらかったのかなって思ったら本当に今でも泣けてくる〜〜…。重岡くんがいる横には神山くんがいなくっちゃなあって。私は特別かみしげだけが好き!っていうわけじゃないんだけど、でも彼ら自身にとっても、ファンにとってもどこか他とは違う特別な気持ちがあるんだろうなあって。「神ちゃん」と「しげ」の関係が、それだけの関係がこんなに素敵で輝いていて、大好きだなあと思えました。かみしげが歌うシルエットってこんなに素敵なのかと思って、曲の序盤は泣いてましたけど、後半は少し涙も引っ込んで、あったかい気持ちでニコニコ聞けました。

六場も泣いてたな〜〜!笑 神山くんがアカペラで歌うなんて思わなくて、声を聞いた瞬間少し引っ込んでた涙と涙腺がまた決壊したから神山くんったらもー!!!という気持ち。笑 だってあんな顔して歌われたらもうダメだよ!

 

泣いたよエピはこんくらいですかね。笑  舞台がどんな内容かも知らずに、なんもネタバレしないで見たので、予定ではずっと泣いてるはずだったのに(笑)、五場〜六場の号泣以外はあんまし泣くこともなく素直に楽しめたな〜!「僕たちはCDデビューします!」っていう言葉の後のええじゃないかを見ていたら、本当に無意識に「ホントに良かったね〜〜(涙)」とつぶやいてしまっていたくらい。あとはお歌とおふざけとダンスと、最後の挨拶と、全部見て、やっぱり微笑ましくというか、そこにある空間が嬉しくて愛おしくて、ニコニコしながら見てました。7人でよかったなあ、本当に。

だからというかなんというか、彼らの歩んできた道のりをそんなに悲観的にとらえることなかったなーって。デビューできたし、みんな笑顔だし、みんないるし、それだけの結果になったから、悲観的になることなかったね!つらかったんでしょ?大丈夫?みたいなのは逆にエゴだなーって、エゴだったなーって思いましたね。素敵なグループに出会うことができて本当によかった。

 

いつか直接、大好き!だいすきよ!と伝えられたらいいなあ。応援してるから、だいすきだから!と。「だから」のあとに何を続けたいのかわからないけど、それはこれから見つけていけたらいいな。

神ちゃん、おしげちゃん、のんちゃん、流星くん、淳太くん、照史くん、濵ちゃん、みんなだいすきだよ!!これからも応援させてね!!

私も頑張らなきゃと思える、舞台「なにわ侍 ハローTOKYO!!」!以上新規の戯言という名の初見の感想でした。

季節は変わり。

本日をもちまして私はHey! Say! JUMPの伊野尾慧くんからジャニーズWEST神山智洋くんに担降りすることをここにご報告いたします。

いい加減決心しようと思って1ヶ月経ちました。ずっとずっと抱えたまんまで、どうにもできなくて宙ぶらりんで、でもそろそろ向き合わなきゃいけないとおもって今これを書いています。今後のための備忘録ですので悪しからず…。

伊野尾くんに出会ってから、この8月でちょうど1年が経ちました。ありきたりと言えばありきたりだけど、去年の24時間テレビの番宣なんかで友達の間で話題になっていた(らしい)のに私は伊野尾くんのこと知らなくって、初めは友達と話を合わせるために伊野尾くんについて調べ始めた。調べ始めたって言っても、学校の部室とかで友達と見ていた動画とかを家でも見たり、その関連動画を見たりするくらいでした。私は、友達に話せば話すほど、つまりはアウトプットすればするほど持っている熱が上がるタイプなので、そうして動画を見てインプット→友達と話してアウトプットというのを繰り返している間に自分でも驚くほど伊野尾くんにハマっていきました。一昨年の夏は二次オタの方を極めていたのでジャニーズに関してはゆるく、本当にゆるく応援してた程度で伊野尾くんの存在はおろか、今まで応援していた嵐やNEWSすら満足に追っていないレベルで、ジャニーズにどハマりしたのは中学の時以来でした。

伊野尾くんにハマってからは本当あっという間だったなあ…。好きになってからすぐに志村どうぶつ園に出ることが決まったり、シングル発売したり、その番宣でたくさんバラエティに出たり、カウコンで初めて生の伊野尾くんを見たり、めざましの曜日レギュラーやメレンゲMC、主演映画が決まって、またシングルが発売して…って、本当に息つく間なんてひとつもなくて、めまぐるしくて。でも、なにより楽しかった。日に日に、お仕事毎に、違う伊野尾くんが見られて、ほんとうに楽しかった。お仕事が好きな伊野尾くんが好きだった。大袈裟なのかもしれないけど、伊野尾くんが支えだったし希望だった。伊野尾くんが頑張ってるならって、私も頑張れた。これからもずっとずっとJUMPだけ見ていくんだって、これからも伊野尾くんがいちばんなんだって、そう思っていました。

それが、今年の5月末くらいかな。ふと、疲れました。気づいたら少し応援することに疲れていました。ひとつめのきっかけはそこです。

昨年度末から自分自身のことも忙しくて、やらなきゃいけないことも多くて、でもJUMPが支えになってくれてた。だけど、伊野尾くんをはじめとしてJUMPの露出が増え始めて、今までだって結構追いかけるのがいっぱいいっぱいだったのにどんどんついていけなくなった。めざましもメレンゲもヒルナンも、ひとつも確認できなくて、今日は何に出るのか、何の雑誌に出るのか、何のイベントに参加してるのか。そのひとつひとつを吟味して、謳歌して、味わって…ってやっていけなくなりました。いや、正直今年度に入ってからだけじゃなくて、それまでだってきちんとひとつひとつを味わえてたかって言われると頷けないけれど、でも自分の中ですごく楽しめていたから。楽しい、嬉しいって気持ちより、早く見なきゃ、早く早くって義務感が少しずつ見え隠れし始めて、そういう気持ちに気付かないフリをしながらも、でも疲れてた。

ふたつめのきっかけは、今回のツアーに参加出来なかったことです。そんなことで、と思われるのかもしれないけれどこれって結構つらいんですよね。今までの私だったら全然何とも思わなかったかもしれないけれど、1度現場体験をしてしまった手前、行きたいという気持ちと行けない現実のギャップにはすごく戸惑いました。なにしろジャニーズに会ったのは昨年末、カウコンのJUMPが初めてだったので、こういうことを思ったのも初めてでした。日程的に行ける公演がなくて、もうそれがわかった途端からホントに落ち込んでます。笑 落ち込んで「ました」とか過去形にはまだできないかな。笑

それから、周囲の友達やネットでの友達の参加が多かったこともしんどいなあ。別に恨んでるわけではなくて、いや、でも恨めしいのかもしれない。本当に黒々しい感情すぎて、具体的には書けないですけど(笑)、要約するとどうしてみんなは行けるのに私は行けないんだろうって。思いました。私は出来た人間ではないので、私は行けないけどみんな楽しんできて!とか思えません。むりむり。だって私だって行きたいのに行けないんだよ、そんな利他性持ち合わせてません。自分だけが行けないんじゃないのとかわかってても、それでも割り切れないからもう自分でも嫌です。笑 でも友達にすげなくするなんて友達は悪くない手前そんなことできないし、だけどJUMPを見ていると行きたいのに、会いたいのにどうしてって思ってしまってくるしいしそうやって人のこと貶しちゃいそうになる自分が嫌だから、逃げてました。見ないように見ないようにってするようになっていきました。…そしたらこのザマです。笑 もともと情報は追いかけられていなかったのでそのまま、録画しても見れないから以前に増して溜まる、コンサートDVDとかMVとかそういうのもまあもちろん見られず、唯一見てためざまし、そしてなんとか聞いてたらじらーもだんだん見なく、聞かなくなっていった。そんなこんなでアルバムも発売してしまったけど、ひとつも開けてませんね…。曲もMasqueradeのサビしか知らず、もちろんユニット曲も聞いてないですし、なんならMr.FlawlessのMVが抽選とか知らなかったなー。ていうかあんなにシングル特典でMVの存在を強調しておいて結局抽選とはなんぞ…せっかく楽しみにしてたのにそれはないのでは…と思ったのはまあまた別の話ですが!

そんなこんなで病みまくってる時に(笑)、神山くんに出会いました。これが3つ目にして最大のきっかけです。神山くんと出会ったのは6月3日の土曜日。忘れません、だって衝撃だったから。

私は1年ほど前からちょくちょく少クラを見ていて、昨年末ごろから毎週録画をして本格的に見ているので、出会っていたことには出会っていましたが、まあ全くジャニーズWESTには興味がなく…。笑 なんなら一番ハマらないだろうなと思っていました。のんちゃんとおしげちゃんのお顔が好きではあったけど、今まで好きになってきたグループとはまるで違う気がして、本当に好きにならないと思ってたなあ…やっぱり座右の銘は「何が起こるかわからない」にしようかなと思う。人生は素晴らしい!!!まあつまり6月3日に録画してた少クラのWESTのところを初めてきちんと見てみたらこうなりましたね。笑 パリマニ強し…!なぜきちんと見てみようと思ったか、というのは一言でまとめると友達のおかげ(せい)ですね、ちょうど興味が出てたから。そして神山くんとか本当に今までなんも知らなくて、「え?こんな人WESTにいたの??」という感じだったのでまさに「堕とされた」という表現がぴったり。あまりに神山くんがかっこよくて、最初は濵ちゃんと神ちゃんがきになる♡かっこいい♡みたいに言ってたんですけど、気づけば神山くんだった…。でも一番ギャップが大きかったのはその2人ですね、本当にびっくりしたもん。そもそも2人の存在をほぼ知らなかったのもあるけど…!

でも、神山くんが好きだと胸を張って言えるまでいろいろありました。笑 主には掛け持ちのことですね。私基本的にひとつのグループしか追えないの、ホントは3年くらい前から気づいてたけど最近やっと自覚し始めて認め始めて。笑 だからきっと神山くんを自担と言い始めてしまったらもう伊野尾くんには振り向けない気がしてた。でも実際結果的にそうなってるからやっぱりひとつのグループしか追えないんだなあ…。だけど結局後先考えないで神山担になってしまいました。笑 というか好き以外になんと言っていいかわからなくなって、彼に対するこの感情は「神山くんを担当と呼びたい」という名前以外の何物でもなかったから。神山くんが弾き語りを披露したラジオを引き当てた(?)6月12日、彼を担当と呼ぶことに決めました。

堕ちたての熱量ってまあ本当にすごいもんで、寝ても覚めても神山くん、あっちを向いては神山くん、口を開けば神山くん、目を閉じれば神山くん、もうそんな感じ。こんな調子だったので、より自然とJUMPからはまた離れていきました。だって見ててくるしいのとみててたのしいの、どっち取る?って言われたらそりゃあ娯楽の対象なんだから後者取るに決まってるでしょ、と半分開き直ってたかな。笑 でもあまり文字にはしなかったけど心苦しかった。だって本当に、本当に好きだったのに、それがなかったみたいに振舞ってる自分が嫌だった。そしてだんだん神山くん>伊野尾くんになってる自分を認めたくなかった。最初こそ神山くん=伊野尾くんではあったけど、やっぱりそれはむりだったんだなあって。本当はもっと前から気づいてたよ、でもこんな気持ちで離れたくなかったから。だって拗ねたみたい、おもちゃを買ってもらえなくて駄々をこねる子供みたいじゃん。サヨナラするならもっと吹っ切ってからじゃなきゃって。レポも踏まないように、見ないように、地雷に気をつけるように。ネット社会だからそこかしこにネタバレなんて転がっていて、私はそれを見ることだってできるのにどうしてもまだ見たくない。だってみんな楽しいんでしょ、私は楽しくないのになんでって思ってしまう。そうして目をそらし続けて、神山くんのキラキラを追い続けて、結局VBBに行けなくて、そこでも今また拗ねてる。笑 そこで思いました、VBBに行けないのとツアーに行けないのと、どっちが嫌なんだろうって。

考えたけど、私はVBBに行けないことの方を本来の意味でつらいなって思ってた。いつの間にか、私の中で「ツアーに行けなくてしんどい、つらい、くるしい」って気持ちは、「みんな行ってるのになんで私だけなの、仲間はずれじゃん」って気持ちになってました。こんなだからレポも見たくなかった。だから本当に拗ねてただけだった。割り切れないと思ってた感情はほんとにちっちゃいもんで、自分ってやっぱり器小さいなあって思ったけど、それを自覚した瞬間少しスッとした。それでもまだまだレポとか楽しかったという感想は見たくないけれど、でもやっぱりすこしずつ吹っ切れてはきています。前提としてもっともっと時間はかかりますけど。笑 

それを機に、8月6日分のらじらーを聞きました。めざましもメレンゲも、ヒルナンもスク革も、いたジャンも見た。全部見た、聞いた、読んだ。

もう何も思いませんでした。感じるのは以前よりひとまわりもふたまわりも小さくなった「かわいい」とか「愛しい」とか「好きだな」とか、そんなんばっかりでした。正直想定内でした。そう思うのが怖くてずっと見てなかったのもあるから。後半はもうそういう風な気持ちがメインだったし。

今までね、ずっと嘘ついてた。私今までに2回担降りしてるんですけど、1回目のときも2回目のときも、「応援し始めた時から気持ちは変わってない」みたいなこと書いたんだけど、本当はそんなことない。他に追いたいものができた、そこにはあなたより好きな人がいるって、そういうこと。気持ちが変わったから、小さくなったから、だからそんなこと思うんであって。変わったの。

JUMPに対しても、気持ちが変わりました。もっと好きな人ができました。「特別」から「普通」に変わりました。普通のファンです、担当じゃない。最近TwitterでJUMPが気になると言ってもらえて嬉しかった気持ちは嘘じゃないけど、でも、それは本当は言い聞かせていただけです。まだ好きなんだから、って。好きだよ、好きだけど、前とはもう違う。

今日、2、3人の友人から「担当どれ」って言われました。そのとおり、そのとおりだと思った。そう思ったけど、そんなのわかってたけど、やっぱり言葉にして投げかけられるとすごくショックだった。生半なことをしてるからそういう風に思われるのかなって。そう思ったらすごく情けなくて、伊野尾くんにも神山くんにもすごく申し訳なくて、そして仲良くしてくれてる人にもごめんって謝りたい気持ちになりました。でもやっぱりけじめをつけることは間違いじゃないって再確認できたから、むしろありがとうね。

いい加減けじめをつけなきゃいけない時でした。最近はもうずっと神山くんが好きだって気持ちが爆発してて、そう思うたびに後ろ暗く思うのが嫌でした。だからけじめをつけようと思いました。

伊野尾くん、本当に大好きでした。あなたを好きだった1年間はそれまでとは比べ物にならないくらいキラキラで、楽しくて、毎日笑顔で過ごすことができました。好きすぎて、好きって言いすぎて、時にはウザがられましたけど(笑)、でもその何もかもが好きで、何もかもが私の宝物でした。

今は他に好きな人ができました。伊野尾くんと同じくらい可愛くて、伊野尾くんと同じくらいかっこよくて男前な人です。お顔は伊野尾くんの方が好みかな。笑 

今までずっと、引きずっててごめんね。あやふやにしててごめん。今日、やっと過去形にします。大好き「でした」って、言います。

それから、神山くん、大好き「です」。

あなたからも離れるときって来るのかもしれないけれど、でもいまこの瞬間あなたが一番好きです、大好きです。

 

…今回は誰にも相談しなかったな。笑 ツアーの件でお話した人はいますが、担降りについては、結構一言も言わなかったような気がする。かまちょだからほれっぽいことはつぶやいたりしましたけど。笑 これからは緑ジャスミンとしてこのブログを続けていこうと思うので、今後ともよろしくお願いします。

長い!!不快になられた方がいたらごめんなさい、これにて担降りのご報告兼備忘録終了します。

そこにいること。

今更だけど、ほんとうに今更だけど、のんちゃん20歳のお誕生日おめでとう!

のんちゃんといえば10代みたいに思ってたので、なんとなく寂しいし感慨深いよね〜〜〜〜〜〜〜〜〜ド新規が何いってんだって感じだよね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!流星くんのお誕生日も近づいていて、ジャニーズWESTの夏は忙しいなあ。

 

唐突ですが、SMAPが解散するそうですね。

私はもう何もわかりません。こんなこと言えば叩かれるかもしれないけど、寂しいか?と問われればそうでもないかも、と答えてしまいそうなの。だって私の周りにSMAPが好きな子なんていないし、親兄弟も特別SMAPを好きなわけでもないし、私自身SMAPのこと特に興味を持ったことがないから。私は好きなグループ以外にはあまり目が行かないタイプなので、彼らのことを意識した事はあんまりないです。「SMAPは、そこにあるものだったから」みたいな言葉を見かけると私にはそうじゃないなって思う。SMAPの存在自体をそこまで意識した事ないから。国民的アイドルグループなんてそんなもんなのかなあって思うんだよ。SMAP好き?って聞かれていや別に、って答える人なんて案外多いと思うから。だからっていうか文章のつながりおかしいけど、取り繕ってSMAPが解散なんてショックだとか言えないし。だって他人事だから。

でもいろいろ考えたよ。なんで解散しなきゃいけないのかなとか、そんなにあっさりでいいのかなとか、何よりファンの気持ちは?とか。でも私はショックじゃないんですよね、本当。もしかして私ドライなのか?でも興味を持ってないことに関しては誰だってそんなもんなのかなって。

彼ら自身に対しては何も特筆することはないけど、自分にとってこのニュースの重大性っていうのは別のところにあります。自分の好きな人がそういうところにいるってことを知らされたこと。大きな大きな力を持った、その見えない未来すら握りつぶしてしまうような力を持ってるところにいるってこと。神山くんがこの事務所にいる限り、私は安心して夢を見ることって続けられないのかなって思いました。それでもついていくけれど。好きだから。でも私の求めてるふとした永遠性とかそういうのって期待しちゃダメだなーみたいな。自分自身だって性質上神山くんのことをずっと好きでいるなんて無理なのに、でも神山くんにはずっと同じでいてほしいって、そういうのは望めないのかな。

神山くんがそこにいるときに、そこにいてくれるときに、会いに行きたいから。私どうしても神山くんに会いたい。だから、お願いだからジャニーズWESTは7人でいてね。私はデビューまでのこととか、一生当事者にはなれないけれど、それでも「7人でいる」ってこと選んだのだから、これからも7人でいてほしい。言いたいことがわからないけれどそう思いました。私はとにかくジャニーズWESTと神山くんが楽しいなって思える場所にいてくれたらいい!7人が好きだよ!

神山くんに見合う素敵な女性になれるようにがんばるから、がんばるから、がんばったら会いに行かせてください。神山くん待っててね、そこで待ってて!

 

淳太くんに対する「可愛い」と他の人に対する「可愛い」は違うってはなし

あくまで個人的な主観には留まりますが、淳太くんって可愛いな〜!って思うけど、個人的に他の人(ジャニーズ)に対して感じるものとはまた別次元な気がしてます。

例えば伊野尾くんに対しても私は可愛いって思うけど、淳太くんに対するものとは違う。はっきり言っちゃうと淳太くんって「女の子みたい」なんだよな〜。

淳太くんにはゴメンだけど、彼は見た目的に私のタイプではないし正直かみやまくんを好きになるまで淳太くんのことマジで「エッむり唇ヤバクネ」と思ってたので可愛いなんて微塵も思わなかったんだけど、やっぱりあばたもえくぼだよね。好きになった途端可愛いとしか言ってない。可愛い。淳太くんって可愛い!!!!リア友は淳太くんが可愛いって大分前から言い続けてたんだけどそれをスルーしてすまんかったなと今すごく謝りたい。淳太くんって可愛い。

 話戻しますけど、女の子度っていうか、「女の子みたい」って言うならそんなん私伊野尾くんにも言ってるんですよね〜。でもそういうことじゃないというか。伊野尾くんに関しては半分以上が容姿的なはなし!てかあんなにまっちろちろで細くて華奢でふわふわマッシュで甘々なお顔立ちだったらそら「女の子みたい」って思うだろ〜!!!!担当じゃなくても思うだろ〜!!!!関係各位は早急に伊野尾くんにガチの女装をさせる企画を用意してください、伊野尾担が100000000人増えるよ。

でも伊野尾くんって別に中身まで女の子みたいなわけじゃないというか。当たり前ですけど彼本質的には男なんですよね。いやー、なんていうか、仕草とかは女の子みたいなんだけどね?!普段のトーク中の仕草とかそこら辺は淳太くんよりも伊野尾くんの方が客観的に見て女の子みたいだとは思うけど!!だけどな〜!基本的に伊野尾くんの内からにじみ出てるのは「女の子感」ではないと思ってるんですよね。だから個人的には「可愛い」という感情の因子に「女の子みたい」という事象は少なめかなあと思う。淳太くんと比べると、だよ!!だって伊野尾くん女の子みたいだもん〜!!!!(矛盾)

 

で、淳太くんはどうかっていうと結論的に言っちゃえば、淳太くんの内からにじみ出てるのは「女の子感」なんです!!!!主観ですけど!!!本質的に淳太くんは女の子みたいだなって思うの〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!人生は素晴らしいのイントロ部分のダンス見る度「淳太くん女の子じゃん……」って言ってしまいたくならないです!?なるよね!?育ちがいいからなのかなあって勝手に思ってますけど(伊野尾くんが育ちがいいのかは正直不明ですが、でも時折そういう雰囲気をにじませてるとは思うのであまり理由にならない気がしなくもない)。育ちがいい人ってやっぱりなんていうか男らしい粗忽さとか無骨さとかあまり感じさせないじゃないですか。礼儀正しさとかそういうのが染み付いててそれが雰囲気として出てくるから淳太くんてとても女の子みたいで、ひいては可愛いのかな〜って思います。正直この感覚は説明出来ないけど、やっぱり対伊野尾くんの「可愛い」と対淳太くんの「可愛い」は違う!!もちろんお顔の雰囲気とかもあるとは思いますけどね。佇まいとか仕草とか踊り方とか、そういうの見てると淳太くんの方が圧倒的に本質が女の子みたいだなって思ったので書いてみましたよくわからんなったからテキトーに締めて終わります、可愛いは正義。