青の碧

明日も好きかどうかは約束できない

伊野尾くんが好き。

あんなにそわそわしていた「むにに」が、もうすぐ終わる。

26歳の伊野尾くんにはまだこんにちはしてなくて、まあ明日すぐにおはようございますできるのだけれど、でも早くご対面したい。伊野尾くんが26歳になったこの日が終わるのが、少しばかり寂しい。

 

伊野尾くんの好きなところって言ったらそりゃあたくさんあって、言葉にすると陳腐だからあんまり挙げたくないけど、やっぱり心に惚れているところは少なからずある。

私は自他共に認める伊野尾くんの顔ガチ勢であって、それはそれは美の結晶ともいうべき伊野尾くんの美しいでは表しきれない美しいお顔がだいすきであるけど、でもさすがにそれだけじゃこんなに好きになれないかなって思うよ。

ひとつだけ、ひとつだけ好きなところを挙げるとしたら、それは伊野尾くんの仕事に対する向き合い方。私は適材適所って大事なことだと思っていて、今は学生の身分だから学びとか役割とか与えられるもの・自ら取りに行こうとするものに選り好みしてはいけないと思うけど、でも円滑に仕事を進めるためにはある程度「できる人ができる場所を」というのは重要なんじゃないかなと思う。できないことを頑張って結果的にできるようになるっていうのは確かに大事で、それはすごく尊いことだけど、もしそれが自分より上手くできる人がいるならそっちに任せてみたほうがいいのかもしれない。

つまりは伊野尾くんはわりとそういうスタンスでお仕事をしてるんじゃないかなと思うの。わかんないけど。

伊野尾くんはコンサートのセトリとかそういう部分にはあんまり関わらないから、嵐の潤くんみたいに、伊野尾くんのそういった面での活躍をコンサートに見ることはできないけど、

伊野尾くんはきっとそれは自分より上手くできる人がいるって思ってるのかなと思う。あと、与えられるものでどれだけパフォーマンスするかってこと考えてるのかなあ。わかんないや。

私が言いたいのはここじゃなくて、伊野尾くんがユニット曲に力を入れてるということ。

伊野尾くんはアルバム「smart」で有岡くん、けいとりんと一緒に愛追I隊というユニットで「Oh!アイドル」という曲を披露していた。これは本当に最近知ったことなんだけど、この曲にはもともとラップや合いの手はなかったらしい。どのタイミングまでなかったのかわからないけど、でもこの曲にラップや合いの手を入れようといったのは伊野尾くんらしくて、このエピソードを目にした時思わずしゃがみこんだ。

この曲におけるラップや合いの手は、曲の成立・不成立を担うのでは?と思うほど、その役は重要なもので、初めて聞いた時から、なんで面白い曲なのかと思った。ラップや合いの手が入ることでとってもキャッチーにダサくなってると思うし、なにより楽しい。男性アイドルのコンサートで、あんな昭和の女性アイドルみたいなC&Rができるなんてそんなの楽しいに決まってる…

そんな大事なものを、自担様が曲に投入したのだよ。

 

そのクリエティブさに、目がくらむほど強く惹かれた。

伊野尾くんってなんてかっこいいんだって打ち震えたし、山田くんも言ってた「あの人すごいんだよ、あの人なりに色々考えてる」の真髄はこういうことなのかなと思って好きで好きで仕方ない気持ちがぶわーーーーーってなった。

奇しくもこれは25歳の伊野尾くんのエピじゃないけど、でも伊野尾くんのこういう才能をチラと見せられる瞬間には伊野尾くんが好きでたまらなくなる。

 

伊野尾くんは才能をひけらかさない。損得勘定では動かない。きちんと仕事に向き合う。

こんなの好きでいられないわけがないでしょ???

 

伊野尾くんがすきだって思った2015の夏。

あの瞬間は間違いじゃなくて、むしろ私にとってたったひとつの正解だった。

伊野尾くんを好きになってからの世界がこんなにきらめくなんて。

たくさん新しい顔を見せてくれて、新鮮に伊野尾くんを好きでいさせてくれて、伊野尾くんってどうしてそんなに素敵なのかって思うくらい素敵で、誰も彼も伊野尾くんには敵わない。「売れる」ってことはそれ相応の何かを伴うだろうし、それを覚悟の上でさらになお突き進む伊野尾くんがかっこよくて仕方ない。自慢の自担。いつか私も、素敵でたまらない伊野尾くんを応援するに足るような素敵な人になりたい。

 

伊野尾くんが好きで好きで仕方ない初夏の夜、あなたの生まれた日に、今の瞬間をかけて誓います。

 

伊野尾くんがだいすきです!お誕生日おめでとう!