青の碧

明日も好きかどうかは約束できない

あのクリスマスに

 

392871394817349回目の「ジャニーズWESTが好きだ」という感情が、また胸の中を支配している。好きだ、めちゃくちゃに好きだ。もう大好きだ。

 

彼らは驚くほどずっと楽しそうだった。嬉しそうだった。心底楽しい、うれしいという感情がその表情から伝わってきた。もうそれがうれしくて。そんなの初めてだった。楽しいと、うれしいと感じられている彼らがうれしいなんて、そんなことは私の感情史上初めてだった。出てきて、ファンの声を聞いて、手を振って、踊って、歌って。ずっと嬉しそうだった。ジャニーズWEST全員、ずっと嬉しそうだった。

私はと言えば、これまた私史上初で、パッケージを開ける瞬間で泣いた。自分でもびっくりするくらい重いし気持ちが悪い。きもっっっっっっちわる!!!!!!!!!!!おっも!!!!!!!!!!!!そのあとももうディスク入れてなんかメニュー画面みたいなところの映像からなにから泣きっぱなしだった。彼らが楽しそうにすればするほど私の涙腺はもう締まるという機能を果たさなくなっていきました。Overtureの映像を映された幕が大きくて、7人が映るモニターがおっきくって、なんかそれだけで泣いた。映像自体はサイコーに可愛かったけどな!

幕が上がって、7人があの立ち位置にいて、重岡くんが「せーの!」と言った瞬間に、閉め忘れた蛇口のようだった涙が一気にあふれ出てきた。うれしかった。うれしくて泣いた。ジャニーズのコンサート映像を見て、うれしくて泣いたのは初めてだった。私の大好きな人たちが、あんなにも広い会場で、あんなにもきれいな景色を見ることができていると思ったら、もううれしくて仕方なかった。その瞬間だけではなくて、もう客席が映るたびに泣いていた。一面に広がる光が、彼らを元気づける光が、彼らの味方を表す光が、うれしくて。みんな、みんな、あなたたちのことが大好きなんだよと、きっと伝わっているんじゃないかって思ったらうれしくて。大好きな人が愛されている空間ってこんなにうれしいんだなって思って。大好きな人の味方しかいない空間って、こんなにも素敵できらめいていて、愛にあふれているものなんだと初めて知りました。うれしかったなぁ。素敵なセトリで、素敵な人たちで。

 

そう!!!セトリ!!!(話を変えるのが激烈に下手くそ)もうセトリ最高じゃありませんでしたか!?!?!?!?!?最高でしたよねわかる........(自己完結)なんかもう信頼しかない!!私本当に淳太くん大好き!!!!!セトリ考えたの淳太くんだけじゃないだろうけどさ!!!!ジャニーズWEST最&高にもほどがある....私もう本当に、パリピポが大好きで、いやラキセも大好きで最高なんだけど、私が大好きなのはパリピポで、パリピポの何が好きって色々あるんですけどその要因の一つがセトリなんですよね。そのセトリの、SCARS→Can`t Stopの流れが本当に本当に大好きで大好きで!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!だから!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!めっちゃうれしかった!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(それだけ)(本当にそれだけ)そっからのCriminalはなあ!心臓によろしくないな!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(字面がとてもうるさい)

とにかく最高だった~~~~~~!それまで本当にボロボロに泣いていたのに、ピタァっと涙止まったものだから私もうね、我ながら我の涙腺にびっくりよね、ジャニーズWESTさんに涙腺の紐握られてる感覚ですよね(?)それともう一つのダンスパート、CHO-EXTACYに関してはもう初見の記憶がねえ。ビビるくらい何も覚えてなかった。考えてみたらチョエクに持っていかれすぎてそのあとのone chanceの記憶もない。なのにチョエクの記憶もない。あの10分弱だけ記憶喪失。なんなんだジャニーズWEST。最高すぎか。

それから、Jr.時代コーナー。私の知らない時代。なんだか、もう本当に言い表せない気持ちしかなくて。映像が終わって、アメフリのイントロが流れて、ばどがステージに現れて、目を合わせて心底幸せそうに歌っていて。変わらないハモリ。私、淳太くんが下パートでハモっているのが本当に好き。アメフリはしょおれん?だったかな?がやってたりしてたけど、私の中では永遠にふたりだけの歌だよ。そのあとのSTAY GOLDはアカンやで.....。先日友人と電話をつないで24コン鑑賞会をしたんですが、そのとき「濵田くんがジャニーズWESTでよかった」とポツリと言っていて、ああその通りだなぁと思った。ジャニーズWESTジャニーズWESTでいられるのはきっと濵田くんのおかげなんだと思った。本当にかっこいい人だなぁって。だから、もっと自信もってね濵田くん。ライブの時と同じくらい自信を持ってる素振りを普段から見せてくれると嬉しいな。

そしてDial Up。ずっと構えていたDial Up。もうあれは「7WESTの『Dial Up』」じゃなくって、「ジャニーズWESTの弟組の『Dial Up』」になっていた。それがうれしかった。神山くんのフェイクが、当時と変わらぬ透明感で、でも見せる背中はもう立派に大人で、大人の男性で。かみしげのアイコンタクトも大人になっていて。4人とも楽しそうで。うれしかった。みんな笑顔であの曲を踊って歌っていた。4人とも本当に成長したね。私がファンになったのは本当に最近だから、知った口きいてんじゃねえよって思われるかもしれないけど、でも私が過去の「7WESTの『Dial Up』」を見た時感じた何か言い表せないものを、彼らの笑顔で払拭してくれた気がした。当たり前だけれど、7WESTにはもう戻れない、出会えないことがすごくうれしくてだけど少しだけ、ちょっぴり切なかった。神山くんには、あの日の自分を認めてあげられたのか聞きたいなと思った。4人が4人で本当によかったよ。

それから、NEXT STAGE。私はずっとばどと、濵田くんと、7WESTと、なにきんのネクステを見るのが好きだった。好きだったというか、私の中のネクステってあの頃のネクステだった。見るたび苦しくて切なくて、それは今はもう戻らないものだからなのか、「奇跡なんかいらない」と歌う彼らに一抹の不安を感じてしまうからなのかわからないけど、私はあの頃のネクステを見るとどうしても切なかった。あの頃のフェイクを美しく奏でる神山くんはどことなく消えてしまいそうで、ああどうか消えないでと願わずにはいられなかった。今までのことを知らないからこそ、余計な呪縛にかかっていたのかもしれない。今回、7人でネクステを歌う姿を見て、やっと私の中のそんなネガティブな感情が浄化されてくれた。過去とか超~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~どうでもよかった!!いやどうでもよくはないんだけど(笑)「奇跡なんかいらない」という言葉が、やっと強がっているようには聞こえなくなっていて、ああ今がいちばんだと思った。過程なんか二の次で、今彼らがめっちゃくちゃに幸せそうだから、過去も愛おしいと、そんな表情でいてくれるから、本当にそれだけで満足だなと。そこからのシルエットはもうだめだよ。

ちょびっと話の焦点は変わるけれど、関西ジャニーズJr. の話。今回、端的に、彼らにも彼らだけの空間をあげたいなって思った。ここにもあそこにも、あなたたちを応援している人はいるんだよって伝えてあげたいと思った。私たちが連れて行ってあげるなんてそんなおこがましいこと言わないから、いつか一緒にあの地に立てたらいいな、絶対に立ちたいなと思った。

 

私は、あの日あの場所には行けなかった。それがずっと悔しくて、認めたくなくて、でも行けなかったことには変わりがなかった。思いが強い人が行くべきだなんて思わないしそもそも行けなかった古参の方からしたら私のような新規が行けなかったくらいで、と思われるかもしれないけど、私はあの場にいたかった。一緒に体験したかった。あの場に存在できた彼らの「特別」に私だってなりたかった。でもなれなかった。それは私の年齢のせいでもあるし、本気で行こうと思えば行けなくもなかったのに行かなかった私のせいでもある。もっともらしい言い訳をすれば、ジャニーズWESTのために私自身の未来を踏みつぶすようなことをすれば、彼らは悲しむと思ったから。言い換えれば私はジャニーズWESTより我が未来が大事だった。当たり前だけどね。

ずっと消化できなかった。コンサート一つ行けなかったくらいで、と父には遠まわしに言われた。そうなのかもしれない。それでファンをやめるなんてばからしいのかもしれない。でも私は何を言われたって、どれだけばかにされたって、あの場に行きたかった。メンバーもファンも、口を揃えて「いいコンサートだった」と言う。そんなことこちらだって痛いほどわかっていた。だから行きたかった。だからレポを読んで傷つきに行ったりした。だからメンバーがラジオや雑誌でドームの話をするのが嫌だった。だから目を背けた。だからファンをやめようかとまで考えた。それが正しいことだったとは思わないけど、そうせずにはいられなかった。

神山くんが、自担が、最後の挨拶で、「応援しててよかったって思ってもらえるように頑張ります」って言った。それを聞いて、「応援しててよかったって思っ」た。なんか、私の醜い小さな感情なんかどうでもよくなった。神山くんがうれしそうだったから、楽しそうだったから、何より彼が幸せそうだったから、もうそれでよかった。これから先、私は彼の幸せをいちばんに願いたいと思った。できればそこに私の幸せも共存できればそれに越したことはないけど、でも私が悔しいこと、嫌なこと、悲しいこと、つらいことを請け負ったとしても、神山くんがうれしそうなら、楽しそうなら、幸せそうならそれでいい。一緒に歩幅を合わせて進んでゆこうと言ってくれるだけで幸せだ。大好きな人の幸せがいちばん嬉しいと思った。

中間淳太さんは、「ここに来れなかった子も、誰も置いていきません」と言った。それだけで嬉しかった。報われたと思った。行けなくて悔しかったことや悲しかったこと、嫉妬したこと、僻んだこと、全部が報われたと思った。置いていきませんという言葉が嬉しくて仕方なくて、やっとあの日からずっとぐちゃぐちゃなまま凝り固ままだった何かが解けた気がした。実際としては置いていかれたとしても、今後ずっと会えなくても、そんなふうに言ってくれるメンバーがいるグループを好きになれて、それだけで私は世界一幸せ者だ。なんて素敵な言葉をかけてくれる人なんだろう。大好きだ。

彼らも彼らで、色々あったんだろう。私たちが知り得ることなんてほんの一部で、私が彼らに会えないように、私が知らないところで彼らもどうしようもない壁にぶち当たって、私がファンをやめようかとまで考えたように、私が知らないところで彼らもアイドルをやめようかと思ったこともたくさんたくさんあるんだと思う。それなのに、まだステージに立とうとしてくれる。立ってくれる。ステージに立ち続けるという意思を消さないで灯し続けてくれる。なんてありがたい事だろう。私たちの目の前に立ってくれることが嬉しい。本当にありがとう。

 

神山くんを好きになって、今月12日で1年経った。まだまだだなあと思う。この1年で楽しい嬉しい幸せつらい苦しい嫉妬などなどマイナスからプラスまでいろ~~~~~~んな感情を抱いたせいか、なんだか今までの担当さんより濃いオタクをしてる気がする。神山くんありがとう。24コン最高でした。ずっと言えなかったけど、今更言うね。ジャニーズWESTさん初ドーム決定、そして成功おめでとうございました!明日も好きかは約束できないけれど、今この瞬間ジャニーズWESTさんが、神山くんが大好きです!