青の碧

明日も好きかどうかは約束できない

少年たち ~Born Tomorrow~に行ったらSixTONES松村北斗という花魁とSnow Man佐久間大介という初雪を見た

少年たちBT松竹座公演、10月29日の1部に行ってきました~!ヤッタア~~~!

初めてのJr.現場!2年ぶりの現場!というかジャニーズの現場自体2回目!言われて気づいたけど2回目にしてJr.現場キメたのだいぶ色々すっ飛ばしたかもしれない!友人に連れられてえっちらおっちら大阪松竹座に上陸しました!全然現場慣れしていないわたし!松竹座はじめて入った!ちなみに1階の前の方とかいうヤバイ席に入れてもらった…ヤバイ…今考えてもヤバイ…時間経ってなお思うけどヤバすぎる…(語彙死)はあ…友人名義強い…(感嘆)本当にもはや言葉にならないんだけど…ヤバかったの…めちゃくちゃヤバかったの…正直東京Jr.さんのこと知ったかしてたよちょっとナメてかかってたよ…

 

 

本当にサ~~~センした!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(見事なまでの土下座)

 

 

一応自己紹介しとくと、わたしはジャニーズWESTの神山くん担当であり関ジュの末澤くん担当なんです。ですが、わたしとそこそこ長い付き合いの方とかツイッターを知っている方とかはわかるかもしれないんだけど、わたしクソDD!クソDDなの!だからと言っていいものなのか甚だ疑問ですけど、Jr.各グループそれぞれに推しがいます!「とりあえず」みたいなところもあるけど!今回の現場には、SixTONES松村北斗さん推し推し歴は神山くんより長い)で、Snow Manは顔が好きなんで渡辺翔太さん推しという状態で行かせてもらいました~!どちらかというとすのよりすと推しだったので開演前のグッズ販売では頑なに松村北斗さんのステフォしか買わないという「強火(?)松村北斗推し」状態(そのくせにオリフォは買ってないというツッコミはそこの花壇に置いといてください)。友人は強火すの担(あべくん担のふっかしゃん推しらしい)なのでここぞとばかりにグッズ買ってた。わたしグッズ買うの秒速で終わったのではやすぎてちょっとビビりました。ていうか今まで並んだことがあるのが2015 - 2016のJUMP単独カウコンのグッズ列だけなのでそれと比べてはいけないかもだけど、列短すぎて驚愕した。「はやッッッッ!!!!」って思ったよ。でもチケ持ってる人しか開演前にグッズ買えないなら確かにこうなるかなあと。この制度、グッズ列にあまり並びたくないという悩みこそ解決してくれますが、収益の増加という点においては!!!!ちょっとどうかなと!!!!思うんですよ!!!!このあとまた話すかもしれないんですが、公演後にグッズ買えるようにしてほしかった(切実)。公演前にはわからなかったことが公演後にはわかるようになる気がするし新しい扉開く気がするし心に直接「買わなきゃ!!!!!!!!!!!!欲しい!!!!!!!!!!!!」を植え付けられるので公演後にグッズ買えなかったの超悔しかった…わたしは幸いにもグッズ代行頼めたんですが、そういうのができない人からもお金を落としてもらうにはやっぱりグッズ販売を公演後にもしてほしいなと。なんの話やねん。

 そんなこんなで会場入り。席について驚…きたかったんだけど現場慣れしてないわたし、まず距離感があんまりわかんないので「全体的に見てめちゃくちゃ前の方じゃん」という印象しかなかった(ぽんこつ)。でも友人の「こりゃ顔見えるな…」という言葉を聞いて、以前ジャニーズの全然関係ない舞台を観劇した際二階席から全然顔とか見えなかったことを思い出し、とりあえずこの顔が認識できそうな距離はヤバイと悟る(遅い)。でも一つ問題点、何が嫌ってこっちが向こうの顔見えるのはウェルカムの重ね重ねなんですけどそうなってくると向こうからもこっちの顔が見えちまうということ…ジーザス…神よお助けくださいみたいな気持ちになりました。結果としてはそんなこと気にしてる余裕なんかなかったけど!アハハ!流れてくるAcrobaticのカラオケにノリノリしてたら開演直前になりました!

そして開演。スピーカーに激近だったので耳ぶち壊れるかと思った(瀕死)なべしょさんと高地くんの煽りのあと幕がバコーン落ちて、12人が出てきました!このときわたし、「うわぁ…テレビと同じ顔してる…」って思ったんですけどアホか?アホなのか?今でもこの感情思い出せるけど文字起こししたらいきなりバカっぽい(つらい)だってあんなに近くでジャニーズ事務所のアイドルの方々見たの初めてだったんですもん!(逆ギレ)そんな感じで呆気にとられてたらいきなりオープニングショー始まった。友人からも何も知らされてないし別に持ってない人もたくさんいるかなとか思ってペンラとか持って行ってなかったんですけど、あれは、ペンラ、要る。持ってない人のアウェー感すごい。手をグーにしてリズムにノッてるの周りではわたしだけだった!申し訳なかった!なんでもいいから持っていったほうがいいんだなって思いました。

 

1. Daybreaker

2.逆転レボルシオ

3.背中越しのチャンス

4.BAD BOYS

 

わたしが入らせてもらった10/29の昼公演のオープニングショーのセトリはこんな感じでした!そして登場後からずっとわたしの中を渦巻いていた感情は

松村北斗さんがヤバすぎる」

のただひとつ。なんだあの死んだような目は!?なんだあの身のこなしは!?なんだあのときたまの微笑みは!?!?何とかグーにした手を振りながら彼のこと見てたけど正直シンプルに北斗くんが妖艶すぎてゲェ吐くかと思いました。なんか、こう、「エロい」みたいな俗っぽい言葉で表現しちゃいけない気がするあのオーラ…どこか上品さも兼ね備えたようなあのそこはかとない色気…遊ばせた髪の毛…気だるげな妖艶さ…って感じで心の中は瀕死状態。渡りこそしてないけど三途の川見えた。ちなみにわたしの近くのお立ち台にはひかるくん、樹くん、なべしょさん、しんたろちゃんが来ました!この記事書くにあたってお立ち台に来てくれたときのこと思い返してたんだけど、あの時感情がバーストしすぎて本当に無理だった…今回学んだことのひとつは「アイドルっていい匂いがする」ってこと…マジみんないい匂いした…しんだ…流石にこの時ばかりは北斗くんのことチラチラとしか見れなかった(※見てる)。

 

 f:id:miyako-0622:20171104151756j:image

 

オープニングショーで書き残せたレポはこれだけだったのでいかにほかの部分で北斗くんしか見えてないのかわかるし、このあべくんしんたろちゃんのかわいいコンビもたまたま北斗くんの横にいたので見えただけだから今考えると北斗くんロックオンっぷりがひどかったです。

 

さて、京本くんの挨拶がありここからストーリーに入っていきます。わたしは少年たちについて本当に無知なのでストーリーのネタバレゼロでいきましたが、盛りだくさんすぎて「えっえっ待ってついていけない今のところあと三億年はひきずりたいいいいいい」って思ったところが多々あったので多ステしても絶対に楽しいと確信しました。わたしとしても本当はあと30回くらい入りたいです(泣)

 

まず1幕。話の流れもそのうち忘れちゃいそうなので書き起こしておくと、様々な理由で牢獄に入った喧嘩ばかりの12人の少年たちが、京本くんの入所をきっかけにだんだん仲良くなっていく、みたいな感じ。まさかのふっかさんと北斗くんが兄弟だったり、めちゃくちゃ殴りあったり、色々ありますがメインでスポットが当たるのはひかるくんとジェシーの関係性かなという印象。ちなみにジェシーとひかるくんは昔一緒に音楽をやっていたけれど、ジェシーがひかるくんと歌う曲を作る際ひかるくんを裏切った仲間に力を借りたことが原因で仲違いしてしまった模様。思ったんですがこれは全員本人達の名前でやるんですね~知らなかった!それともうひとつ、「なんでみんな牢獄に入れられたん??」って思った。ひかるくんが悪い仲間とつるんでいて道を踏み外して牢獄に入ったのはいいとしてもジェシーはなんでひかるくんの後を追って牢獄に入っている??とか思いました。全体として話の辻褄が合わないというより設定がはっきりしなくてなんとなくモヤモヤするという感じ。まあしかし12人の顔がいいので許しましたけど!(激チョロ)1幕は12人の出所の日が近づき、誰がいちばんに出所するかという中でジェシーが兵役のために母国へ戻ってしまうというところで終わりました。

 

f:id:miyako-0622:20171104153931j:image 

f:id:miyako-0622:20171104154022j:image

f:id:miyako-0622:20171104154044j:image

 

f:id:miyako-0622:20171104154121j:image

f:id:miyako-0622:20171104154137j:image

 f:id:miyako-0622:20171104154159j:image

f:id:miyako-0622:20171104154219j:image

 

 このあたりが本編のストーリーに直接は関係ない部分レポ。だてなべのほっこり話のレポはほかのレポよりいいね多く来てて「噂には聞いていたがだてなべ人気ヤバイ…」って思いました!あとわたし的にはあべくんの「俺は頭が切れすぎた」っていうセリフが大好きでしたね…彼に似合いすぎてて…(好き)

ひとつひとつの現場のことをできるだけ大事にしたい、のちのち振り返りたいなという意味からメモをとりながら観劇していたんですが、そのメモによるとわたしはSnow Manのバンドシーンあたりから佐久間くんにやられていたらしい(申告)

f:id:miyako-0622:20171104154920j:image

このあたりのメモに、「かみがみだれたさくまくんやばい」「ゆびであたまとんとんはむりすぎるだろさくまくん」「さくまくんうつくしすぎるなにこれうまれてはじめて」と書いていて、佐久間くんについて馬鹿みたいに語彙をなくしている様子が自分でも伺い知ることができます。わらう。わたしの記憶では、わりとわたしが目で北斗くんを追う中で、佐久間くんが視界にカットインしてくることが多くて、「あれ…?佐久間くん思ってたよりかっこよくない…?」と思っていたところからスタートしていた気がします。興味本位で佐久間くん見てたらこのザマだよ!(意味がわからないの顔)

あと何故か途中(?)で半裸で12人が登場するシーンがあって、「なんで!?!?!?!???!?!?!?!?」って全力で思った記憶があります。今もわからない。そのときのメモに「はんらはよくわからない」「らたい」「はんらでかべにもたれかかるほくとくんえろすぎむり」って書いてあるので相当無理だったんでしょう。今も無理です。北斗くんの色気についていけない!あとそのシーンで、樹くんとかと並んだ際の北斗くんの肩幅の広さにしんでた記憶があります…樹くんとかそれこそ佐久間くんとか、腹筋割れてるけどほっそくて、だから北斗くんの肩幅の広さにやられまくりでした…逆三角形…無理…(嗚咽)

それと、これだけ聞かせてほしい。

なんでお風呂はいるの????????

洗いあっこするのはかわいいんだけど体がエロすぎて無理だしていうか桶ダンスみたいのするやつも無理だしていうか無理だし無理だし無理(激怒)最高だから(激怒)あとお風呂シーンのあとのひかるくんが「今日は台風のせいで癖毛が爆発してるぜ」って言ってたの可愛すぎてなんなんですか?(激怒)こんな感じで1幕レポ終わりです(激怒)

 

幕間は「ヤバイ…佐久間くんヤバイかも…えっ…こんなはずでは…なかった…(最高)」って思いつつレポをガーッと流してたら終わりました(粗雑)

 

続いて第2幕。

兵役のため母国に戻ったジェシーを探すというストーリー。あべくん佐久間くんわたなべさんはライブハウス運営者に、ふかほく兄弟は戦場カメラマンに、だてしんはダンサーに、ゆごじゅりは学芸員に、そして京本くんは音楽プロデューサーになり、戦争のことを学んでいました。そしてひかるくんは音楽をやっていた模様ですがよくわからず…うーん。このへんふんわりしてた気がするなあ。全員でジェシーを戦場まで迎えにいくっていうのは現実味がなくてめちゃくちゃ舞台だなあと(笑)ただジェシー死んじゃうのつらすぎて軽く泣きかけた(涙)ジェシー死なないで(涙)ってなった(チョロ)そんなこんなでジェシーの意思も引き継いで平和を世に知らせていこう!みたいなストーリーで終わりましたね。1幕に増してストーリーにフィクションみが強かった印象です。

 

f:id:miyako-0622:20171108115850j:image

 

f:id:miyako-0622:20171108115900j:image

 

f:id:miyako-0622:20171108115940j:image

f:id:miyako-0622:20171108120000j:image

 

f:id:miyako-0622:20171108120024j:image

 

ゆごじゅりちゃんがクソほどかわいい!!!!!!(瀕死)ふざけてんな!?かわいすぎてふざけてんな!?アァん!?少年たちに行ってからというものレポは定期的に見ていますが、最近はここのゆごじゅりちゃんレポが楽しみで仕方ないよ(激怒)ゆごじゅりちゃんしんどい(激怒)

わたし基本的にみんなでわちゃわちゃ☆ハッピーエンド!が好きなので、終始雲行きが怪しい感じの2幕はしんどくてあんまり記憶にない(クソ)ゆごじゅりちゃんがかわいかったのと佐久間くんの喉仏と北斗くんのことしか覚えてないですね…(クソ)そういえばみんなで最後の方倒れる時佐久間くんと北斗くんの絡みがあってめちゃくちゃひとり心の中で湧いてました(クソ)(クソ)2幕レポは特にないので終わり!(クソ)(クソ)(クソ)

 

そして最後にショータイム!立ち上がれた時腰痛くて最初の方よぼよぼしてたけどショータイムヤバすぎて復活(?)しました!それと悲報なんですけどセトリ全部忘れました(パッパラパー)ここまでで相当佐久間くんにやられてたわたし、またも興味本位で「このひとどんなふうにパフォーマンスするんだろう」と思い、Snow Manの出番の時に佐久間くんをロックオンし始めました。なんか曲順忘れたのですととすのに分けてお話しますね。

まずはすとちゃん!ひとつ確かに言いたいのは「生Amazing!!!マジで感動した」

めっちゃ感動した。Amazing!!!始まった瞬間息止まったけどなんか周りの人たちみんな肩回してて「エッ…肩…肩回すの…アッアッそうですか…」って思いながらわたしも肩回しました(飲まれた)。ていうか北斗くん本当に色気がヤバすぎてヤバかった(死)京本くんとジェシーの歌声の響き方も樹くんラップもしんたろちゃんのダンスも全部ヤバかったけど、ヤバかったんだけど、

髙地優吾というダークホース

の存在をこの曲の時まで忘れていた…(即死)あの人なんなんですか…あの…髙地優吾さんって…何…なんな…の…(レポはここで途絶えている)

っていうのは置いといて高地くんの気迫っていうかパフォーマンスっていうかなんていうかもう全部無理だった…。あの…わたしの記憶では高地くんときどきニヤって笑うんですよね…あの…ちょっと…あの…無理なんでやめてください…あの…無理です…

Amazing!!!で高地くんにやられてたのですのを挟んで次のジャポニカスタイルも高地くん結構見てたんですけどあの人…なに…?なに…?もうこわい…こわいよぉ…北斗くん色気の権化すぎてただの花魁だったよぅ…吉原の女って言われても信じるよ…(話はここで急展開を迎えている)

f:id:miyako-0622:20171108140737j:image

 

f:id:miyako-0622:20171108140835j:image

わたしのまわりはすの担が多くてあんまりすとに湧いている様子は見られませんでしたが四面楚歌ノットアマタ~!!!アメィ~~~ジン!!!

 

次にすの!すのは端的に言って

Snow Manのパフォーマンス ~ひとりの女が沼に落ちる音を添えて~

って感じでしたね…(何も伝わらない)確か最初はFamingo…だった気がする…出てきた瞬間に「アッ!あれは今年の流行を取り入れた秋色仕立てのスーツだ!なんやら少クラでやってたやつやな!?オババ知ってんで!?」って思いました。何故かエセ関西弁なのは置いといてください。そしてすとを挟んでⅥ Guys Snow Manを披露してくださいました!このショータイムから本格的に佐久間くんをロックオンしてたんだけどこれが大問題だった(天を仰ぐ)

 

f:id:miyako-0622:20171108143208j:image

 

結論から言うとこれです。佐久間くん推しになりました!線引きが難しいところではありませんが今のところ担当ではないかなあという感覚。佐久間くんってとっても素敵な人だってことが今回わかりました。わかってしまいました。

 

f:id:miyako-0622:20171108143437j:image

 

f:id:miyako-0622:20171108143459j:image

 

佐久間くんのパフォーマンスって本当に素敵だなと現場に行ってみて感じました。まずひとつ、佐久間くんって本当に心から楽しそうに歌って踊る人だなあって思いました。その先に彼の魅せたいものがあるような気がした。佐久間くんが楽しんだものをわたしたちファンに受け取ってほしいっていう彼による彼自身が主体のパフォーマンスがすごくすごく素敵で、かっこよくって、美しくって、気づいたら佐久間くんしか見れなくなっていて、ふっしゃんの丸メガネとかマジ気付かなんだ(つらい)。隣で友人が爆裂に騒ぎ倒している中、わたしはひとり「佐久間くん…あっ…どうしよう…美しい…こんなに楽しそうで美しい人は初めてだ…」って感動しまくっていました。あとひとつ、佐久間くんのことブスと思ってる奴に告ぐ!!!!!!!!!

佐久間くんは現場で見ると少なく見積もって画面越しの100億倍は美しいからな!!!!!!!!!

 

 白状します、佐久間くんのことブスだと思ってたのはわたしです(ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい)ブスと思ってたはさすがに言いすぎだけど、びっくりするくらい顔がタイプじゃなくて…だから…あの…あんなに美しいなんて思ってなくて…あの…ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!!!でも現場で見る佐久間くんは魔法の粉が降りかかったみたいにキラキラで楽しそうで嬉しそうで真っ白で美人な妖精さんだった(本気トーン)佐久間くんマジで白すぎてビビった。白い。お人形さんか?と思うくらい白い。白すぎて雪だった。わたしみんなより一足先に初雪見たよ…本当に美しかったなあ…(天を仰ぐ②)

 

f:id:miyako-0622:20171108144637j:image

f:id:miyako-0622:20171108144708j:image

 

f:id:miyako-0622:20171108144727j:image

f:id:miyako-0622:20171108144856j:image

 

今と同じようなことを言っているツイートが少し佐久間担の方の目にとまったみたいで佐久間担の方々からいくつか反応いただいたんですが、その中に「佐久間くんのこと見ていってくださいね」って言ってくださった方がいて…(泣)(泣)(泣)さ、さ、さ、佐久間担やさしい…(泣)(泣)(泣)ありがとうございます…見事佐久間くんはわたしの推しに昇格されましてこれからやさしい佐久間担の方々の端っこに紛れて佐久間くん推しをやっていけたらいいなと思っています…ありがとうございます…すのすと担の方々に吹き矢飛ばされたくないです…アッアッごめんなさい…(ネガティブ)

 

これにてやっとレポは終わりなんですけど、今回しっかりと胸に感じたこの、

ジャニオタ、めちゃくちゃ楽しい!

という気持ち、これからも大事に今後はバチバチにフッ軽オタク極めていけたらいいなあと思いました!「貧乏は一瞬、後悔は一生」と言いますし…今回めちゃくちゃいい経験になったし…なんていうか心の肥やしになった感じがすごくするし…あの…オタクやめらんねえ…(号泣)

 

というわけで楽しかった少年たち ~Born Tomorrow~でした!またSixTONESとSnow Manに会いたい!